40代を境に急に増えるED!!

IMG_6931

年齢を重ねるとともに、身体に不調が出てくるのは自然なことです。

精神・心理・臓器・性機能が変調は起こり、限界を超えると病気となって治療の対象となります。

これらの症状は、性ホルモンの分泌が減少する中高年の時期に発症することから【更年期障害】と呼ばれます。

これは、よく中高年女性の障害とされてきました。

しかし、近年は男性も女性と同じような「男性更年期障害」があるということが分かりました。

男性更年期障害とED

banana-1024x768

男性更年期障害にはさまざまな症状があるのですが、最も大きな問題が男性機能の変化です。

テストステロンが減ってくると、性行為に対する興味や意欲が鈍ってきます。

勃起については、動脈硬化によって細い血管が集まっている陰茎海綿体に血液がいきづらくなることで十分な硬さが得らなかったりします。


男性器が勃起をしても維持できないという現象が起こる場合があります。

これがいわゆるEDです。

男性更年期障害にならないようにするためには

oksansan7

ED障害を完全に防御することは難しいです。

しかし、予防策はしていたほうが良いですよね。

食生活もバランスよく摂り、適度な運動を行い、タバコの吸いすぎやお酒の飲みすぎを控える、ストレスを感じる生活を避けるなどを行っていけば、男性更年期障害になりにくくなります。

自分の身体の健康のためにも、しっかりと対策をしていきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ